引越しの荷造り

引越しをするときに、なにが大変かと言えば、それはやはり荷造りではないでしょうか。それまで暮していた生活用品を移動させるわけですから、身の回りの物をまとめてダンボールなどに詰め込んでいかなければいけないのです。ですから、不用になったものを処分する良い機会だとも考えることができるでしょう。荷物をできるだけ減らすといったことも考えながら、いるものといらないものを分けて作業を進めていくことも大事になってくるのです。

そして、引越しの荷造りに欠かせないものと言えば、ダンボールとガムテープです。自分で用意することもできますが、業者によってはサービスで提供してくれるところもあります。注意しなければいけないのは、底が抜けてしまわないように、組み立てたあとにガムテープで補強をしておくことです。また、食器類などは業者に任せてしまうこともできます。自分でする場合は、新聞紙などで包んだり、専用の梱包用紙などを用意しておくのがいいでしょう。

また、暮らしの中で量が増えていくものとして挙げられるのが、衣類と本・雑誌類です。引越しの荷造りをする際に、いつのまにこんなに溜まっていたのかと感心することになるでしょう。衣類は、タンスの中身などはそのままにしておいても運んでもらえますが、和服やドレスなどシワになってはいけないものは、専用のケースを用意してもらうようにしましょう。本や雑誌は、とりあえず処分できるものは処分してしまうのがいいでしょう。量が多いと、そのぶん重たくなるからです。
 

関連記事