相続税が払えないときのポイント

相続税が支払えなくなることがあります。たとえば、不動産など現金以外のものを相続したときは、相続税を現金で払わなくてはなりませんが、現金が手元にない場合です。

そのような際には、現物納付といって不動産の評価額を税に当てることができます。その際、評価額は低く見積もられる事も多いため、自分で不動産を売却して現金を作るというのも選択肢の一つです。

家を売りたいと思ったら、まず不動産会社に査定を依頼します。不動産会社は立地条件や築年数を考慮して見積もりを出します。査定方法は業者によって細かいところで違いますので、査定額にも差がでてきます。つまり、一社だけの査定で判断してしまうと安く売ってしまう可能性もでてきます。販売力の高い業者は高い査定額を出してくる傾向にありますので、できる限り複数の会社に査定をしてもらって、一番高く査定してくれた業者に販売を依頼するようにするようにしましょう。

とくに一軒家の場合、築年数によって家の価値が大きく変わります。築年数が10年を超えているかいないかで、売れる金額だけでなく、買い手がつくかどうかも変わってきます。多く方は、築年数が10年以内の物件を求めていて、それを越える物件となると、家を解体して更地にして新築する方が増えます。そうなると解体費用の分だけ価値も下がってきます。土地だけでなく、建物の価値も上乗せして売りたいのであれば、10年以内で早めに売却するようにすることがポイントになってきます。

 

家をすぐ売りたい
マンションや持ち家をすぐに売りたいという方のために不動産を高く売却する方法についてまとめています。離婚や相続など、今すぐ家を売りたいという方は必見です。

関連記事